チャットレディは副業がベストな理由4つ紹介

  1. チャットレディは副業がベストな理由4つ紹介   >  
  2. チャトレは履歴書に書けない

チャトレは履歴書に書けない

チャットレディは就職活動に響く

チャットレディを専業でやっていて困ることといえば、就職をしたいと思った時に、履歴書に書きづらいということです。
この記事では、チャットレディは副業がベストな理由3つめ。
チャットレディの経歴が履歴書に書けないわけについて解説します。

チャットレディの経歴が履歴書に書けない理由は
・アダルトイメージが強い
・ナイトワークから昼の仕事になじめるか懸念される
ことがあげられます。

就職したい仕事の内容にもよりますが、お堅いお仕事に就きたいのであれば、チャットレディの経歴は絶対に隠しましょう。
万が一面接に受かっても、後々セクハラに繋がる可能性もあります。

また、チャットレディだけではなく、その他ナイトワークにも共通すること。
ナイトワーク出身者は夜の生活から、昼の生活リズムになじめるのか不安がられることがあります。
遅刻常習犯、欠勤が多い可能性があると採用は見送りたいなと思ってしまうからです。
私も、昼職に就く時に面接で聞かれました。
ノンアダルトでチャットレディをしていたとしても履歴書には書かない方が良いでしょう。

では、チャットレディが別のお仕事をしたい場合、どのようにしたらよいのでしょうか・・・。
わたしは以前までチャットレディメインで稼いでいましたが、時々日雇いの派遣で働いていました。
履歴書を書く際には、さすがにチャットレディをやっているとは、かけなかったので、その日雇いの仕事を書いていました。

無職の期間があっても、「資格取得のため勉強をしていました」
「旅をしていました」「家庭の事情」など理由があれば、大丈夫だと思います。
チャットレディで培ったコミュ力があるので、意外にも面接で落とされたことはほとんどありません(笑)

チャットレディの仕事の経験が活かせる仕事といえば、やはりナイトワークになるでしょう。
キャバクラ、ガールズバー、風俗などなど。
これらのお仕事であれば、履歴書に書くことでむしろプラスになります。
また、ナイトワークのサポート、運営側にまわるという手もあります。